2006年04月05日

「手で見る写真展」TOUCH AND SEE

都筑のイベントじゃないのですが、気になったので。
DID(ダイアログインザダーク)のMLより転載します。

━━━━━━━━……‥・・ ・ ・

今年の桜は、強くより美しい気がします。
さて4月10日まで、青山スパイラルにて、以下の展覧会を開催しています。
視覚障害のあるなしに限らず、指先で感じることのできるプロジェクトでDIDも運営のご協力をしています。
もしよろしければ、皆さんも触ってみてください。

「手で見る写真展」TOUCH AND SEE
「地球を指先で感じる展覧会」
アラン・ミクリ<アイウェアデザイナー>    ×
ヤン・アルテュス=ベルトラン<空から地球を撮る写真家> によるコラボレーションワークス

期間:2006年4月4日(火)〜10日(月)
    11:00〜20:00、但し4/7(金)は18時閉場、会期中無休
場所:スパイラルガーデン(スパイラル 1F)
   東京都港区南青山5−6−23 03−3498−1171(代表)
   地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」B1出口前もしくはB3出口より渋谷方向へ1分
   地下に有料駐車場があります。

料金:入場無料

主催:ミクリ ジャポン株式会社
お問い合わせ:ミクリ ジャポン株式会社 03−3401−7981

━━━━━━━━……‥・・ ・ ・

☆ TOUCH AND SEE

航空写真家ヤン・アルテュス=ベルトラン(以下ヤン・A=ベルトラン)の『空から見た地球シリーズ』が、アイウェアデザイナー<アラン・ミクリ>とのコラボレーション・ワークスにより『手で見る写真展=TOUCH AND SEE』 として生まれ変わりました。
今回はそのヤン・A=ベルトランの地球を撮影した<オリジナルプリント>と、アラン・ミクリとのコラボレーションによりその写真を立体化した<レリーフ>を組み合わせた約20作品を日本初公開いたします。

本プロジェクトは、2003年ロンドン「ナチュラルヒストリーミュージアム」での展覧会を皮切りにヨーロッパ各地を巡回し、今春ようやく日本で開催の運びとなりました。
日本では初めての開催となるこの機会に手から感じる「空から見た地球」のカタチを目を閉じて指先で感じ取って見てください。

☆ ガイドツアーについて

この展覧会では下記の日程で簡単なガイドツアーをいたします。
ご希望の方は必ずご予約の上当日時間までにエントランスまでお集まりください。
定員になり次第締切させていただきます。

ツアーの時間は30分程度です。

■予約電話番号 ※3月22日より受付開始いたします。
03−5474−7514(ハクション株式会社内 受付時間 平日11:00〜19:00)
4月4日(火)・14時〜・16時〜
4月6日(木)・14時〜・16時〜
4月8日(土)・14時〜・16時〜
4月9日(日)・14時〜・16時〜


posted by nonoka at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。